<会議発表論文>
検索エンジンを部品とするエージェントの構成について

作成者
本文言語
発行日
収録物名
出版タイプ
アクセス権
概要 検索エンジンの機能は非常に単純だが,最も広く利用されている実用的エージェントといえる.特定の対象に特化した検索エンジンを利用する場合,同じ検索エンジンを連続して反復的に利用することが多い.例えば,文献検索システムでは,検索結果の中の共著者や論文タイトル,あるいは重要語を新たなキーワードとして更に検索を続けることが多い.しかし検索サイトは,ブラウザ経由での利用しか想定されていないので,このような操作...の自動化や,アプリケーションからの直接利用はできない.あるいは,ある検索サイトの結果から得られたキーワードを使って別の検索サイトで検索を行うには,キーワードをコピーし別に開いた検索サイトの画面で入力しなければならない.我々は,検索結果のHTML ページから検索項目を抽出するラッパーを使うことで,Web 上で公開される専門的検索サイトを部品として結合し,新たな検索機能を構成するための枠組を提案する.本発表では,文献検索についてのプロトタイプを通じてシステム概略を述べる.続きを見る

本文情報を非表示

hirokawa_167 pdf 286 KB 41  

詳細

レコードID
主題
注記
登録日 2015.11.12
更新日 2018.12.21

この資料を見た人はこんな資料も見ています