<会議発表論文>
特許情報に基づく化粧品分野の研究開発体制の分析

作成者
本文言語
発行日
収録物名
出版タイプ
アクセス権
関連DOI
関連URI
関連情報
概要 特許明細書の発明者情報を利用し化粧品分野の企業の研究開発体制を分析する手法を提案し,企業間の比較を行った.具体的には,発明者一人あたりの出願件数等から企業の研究開発体制の違いを明確にすると共に,共起情報から発明者間の関連をグラフとして可視化することにより,研究グループの抽出と分析を行った.さらに,発明者間の関連度閾値をに応じて研究グループの関係グラフが変化することから,企業における研究体制の特性を...推測した.その結果,日本企業はフレキシブルで外国企業は固定的な体制となっていることが明らかとなった.続きを見る

本文ファイル

pdf hirokawa_130 pdf 295 KB 600  

詳細

レコードID
注記
登録日 2015.09.17
更新日 2020.10.13

この資料を見た人はこんな資料も見ています