<紀要論文>
韓国語の前置関係節の文処理

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連情報
概要 本研究は、事象関連電位を用いて、韓国語の主語関係節と目的語関係節の処理過程を検討した。実験の結果、主語関係節に対してLAN及びP600効果が観察された。この結果は、目的語関係節の方が処理負荷が低いことを示し、gapとfillerの統合負荷が、線形的距離によって決まるという仮説とより整合性がある。
目次 1. Introduction 2. Previous Studies of Korean Relative Clauses : Kwon et al. (2013) 3. Experiment 4. Discussion

本文ファイル

p428 pdf 296 KB 214  

詳細

レコードID
査読有無
主題
ISSN
NCID
注記
登録日 2015.07.21
更新日 2020.11.17

この資料を見た人はこんな資料も見ています