<研究報告書>
山の神古墳の研究 : 「雄略朝」期前後における地域社会と人制に関する考古学的研究 : 北部九州を中心に

作成者
本文言語
出版者
発行日
出版タイプ
アクセス権
概要 1933年に発見された山の神古墳の出土遺物について,当時の墳丘や横穴式石室に関する情報とともに整理・報告を行った。その結果,山の神古墳が約80mの前方後円墳で,TK47型式期前後に初葬,TK10型式前後に追葬が行われていることが明らかとなった。また嘉穂地域の地域社会の基盤を考える上で重要な遺跡である桂川町金比羅山古墳の調査を行った結果,約81mの前期前方後円墳であることが判明した。両古墳の調査成果...にもとづく検討を通じて,嘉穂地域における古墳時代の開始から5世紀後半の「雄略朝」期前後の時期および6世紀以降に至る,本地域の古墳築造動向の変遷や近畿地域,半島南部地域をはじめとした他地域との政治的関係や交流の実態が具体的に明らかとなった。続きを見る

本文情報を非表示

c01 pdf 220 KB 614 表紙
intro illustrations pdf 1.95 MB 274 巻頭図版
foreword pdf 250 KB 287 序文・例言
contents pdf 255 KB 411 目次
p001 pdf 1.18 MB 2,037 第1章 研究の目的と背景
p017 pdf 30.1 MB 1,004 第2章 山の神古墳出土遺物の調査
p157 pdf 2.32 MB 698 第3章 金比羅山古墳の調査
p187 pdf 2.35 MB 380 第4章 自然科学的分析
p207 pdf 16.7 MB 694 第5章 考察
p335 pdf 716 KB 753 第6章 総括と課題
illustrations pdf 11.5 MB 363 図版
abstract pdf 194 KB 264 報告書抄録
colophon pdf 215 KB 357 奥付
errata pdf 55.2 KB 254 正誤表

詳細

レコードID
査読有無
地域
主題
注記
タイプ
時代・年代
登録日 2015.05.25
更新日 2020.10.15

この資料を見た人はこんな資料も見ています