<研究報告書>
適切なクォータ値設定のためのディスク使用量分析

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 ストレージの容量不足を防ぐため,システム管理者は各利用者の使用上限値 (クォータ値) を設定する.システム管理者はサービスの安定提供のために,少なめのクォータ値を設定しがちである.また,クォータ値に単純に容量を利用者数で均等割りした値を設定することも多い.本研究では,筆者らが所属する九州大学の電子メールとファイル共有 (蓄積) システムを対象に,長期間のディスク使用量を分析した.ほとんどの時点で,...利用者のディスク使用量はロングテール型の分布をしており,その分布は対数正規分布に近いことが分かった.長期間のディスク使用量の推移を調べた所,全体の使用量が微増していたことも分かった.ストレージの活用度を定義し,それに基づく評価方法を考案した.さらに,ディスク使用量分布の冪分布近似により,活用度が高くなるクォータ値の算定方法を考案した.実際のデータに基づき,ストレージの活用度を最高にするクォータ値も算出した.
To prevent shortage of storage space in a service system, an administrator usually set per-user quota as an upper limit of usable space for each user. To prevent service failure caused by resource exhaustion, an administrator tends to set a conservative quota value such as the storage capacity divided by the expected maximum number of users. In this research, authors analyzed long-term storage usage history of our email system and file sharing (archiving) system in Kyushu University. Mostly through the analyzed period, the usage pattern showed a long-tailed distribution similar to lognormal distribution. Also the overall storage consumption slowly increased during the analyzed period. Based on these analysis, the authors defined "storage utilization ratio" to evaluate how the storage is effectively used. By approximating a disk utilization pattern as a power-law distribution, we proposed a method to calculate an optimal quota value to maximize the utilization ratio. We applied the method to the actual data to calculate the best quota value to maximize the utilization ratio.
続きを見る

本文情報を非表示

IOT28-Quota pdf 1.34 MB 223  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
主題
ISSN
NCID
注記
登録日 2015.03.17
更新日 2020.11.17

この資料を見た人はこんな資料も見ています