<紀要論文>
遠藤文学における「同伴者イエス」 : 「母なる神」からの飛躍と後退

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに 純潔論議と罪意識問題の相似形 : 「聖書のなかの女性たち」 初の聖書解説書にみられるキリスト教理解 : 「聖書のなかの女性たち」から『沈黙』へ 『沈黙』を超えたという意味での同伴者イエス : 同伴者としての「母」とは何か 同伴者イエス像への飛躍 : 『死海のほとり』 『侍』における同伴者イエスの効用 : おわりに代えて

本文情報を非表示

p079 pdf 386 KB 802  

詳細

NCID
レコードID
査読有無
地域
主題
タイプ
時代・年代
登録日 2015.03.04
更新日 2021.03.02

この資料を見た人はこんな資料も見ています