<紀要論文>
台湾の林野制度が及ぼした原住民への影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 台湾を統治した政権はオランダをはじめとして明朝全野,清朝,日本および現在の中華民国がある.これら政権の土地開発政策や林野制度の変遷は山林への依存度の高い原住民族に対して,非常に大きな影響を与えたものと考えられるため,各占領時期の開拓過程およびそれぞれの林野制度について考察し,原住民族への影響を明らかにした.すなわち,1)漢民族の移民による台湾開拓は原住民族に侵略行為と見なされ,大きな不満を持たせる...ことになった.2)移民は開拓や安全を確保するために森林を破壊したが,原住民族は山岳地帯に逃げ,森林を守ることによって生活と安全を確保した.3)1895年からの日本占領期は原住民族のアイデンティティをも奪おうとする厳しいものであった4)「蕃地」,「蕃人所要地」,「山胞保留地」などの指定により,原住民族が活動範囲を制限されたり,土地を奪われた. 台湾の原住民族は上述のような異民族からいろいろな影響を数百年にわたって受けてきたが,現在では,原始的な自給自足の生活をしている者はほとんどいない.かれらは,台湾の商品経済体制の一環に編入されている.しかし,生産力や資本力の違いによって競争力が欠けているため,かれらの生活は困難を余儀なくされている.それゆえ,1987年に戒厳法が廃棄された後,原住民族は活発に「土地返還」,「狩猟権開放」,「軽蔑称呼禁止」などを求めて請願活動を行っている.
The main purpose of this paper is to clarify historical changes in the law and regulations relating to forest practice in Taiwan and their impact on Formosan aborigines. This is important in order to understand the present situation of Formosan aborigines, because the majority live in the mountains. In the history of Taiwan, 4 governments ruled Taiwan from 1624 to 1945. They are Dutch, the Ming and Mandarin dynasties and Japan. Today the Republic of China governs Taiwan. Land development policy and law and regulations of forest practice were studied. A summary of results is as follows. 1)Since the 17 century, many Chinese migrated to Taiwan. During la血d reclamation, they destroyed forests and attacked Formosan aborigines. This is one of the main reasons that Formosan aborigines live in the mountains. 2)The purpose of the first regulation of forest practice in Taiwan was to resolve the conflict between the Chinese settlers and Formosan aborigines. 3)Because Formosan aborigines have a different language, they were often misled by the Chinese. This made Formosan aborigines distrust the government and the law. 4)The Japanese colonial government(1895-1945)enforced forest practice regulations in Taiwan that limited freedom of action of Formosan aborigines and deprived land rights of them. These regulations are still in use today.
続きを見る
目次 1.はじめに 2.研究方法 3.台湾開拓の経緯-土地所有権の形成過程- 3.1. オランダ占領期以前(~1624) 3.2. オランダの占領期(1624~1662) 3.3. 鄭氏の占領期(1662~1683) 3.4. 清朝の占領期(1683~1895) 3.5. 日本の占領期(1895~1945) 4.林野制度の変遷について 4.1. 台湾林野制度形成の概要 4.2. 日本占領期の林野制度 4.3. 現在の林野制度(1945~ ) 5. 考察 5.1. 開拓政策が原住民族に与えた影響 5.2. 林野制度が原住民族に及ぼした影響 5.3. 今後の課題謝辞引用文献

本文ファイル

pdf p057 pdf 954 KB 1,030  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2009.06.16
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています