<図書>
マックス・コメレル著『ジャン・パウル』下巻

作成者
本文言語
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
関連情報
概要 これは近世の人間の中にある或る裂け目である。人生への精神の道を失った人間にとっての、身振りを失った人間にとっての裂け目である。かくて、かくも詩的にして賢い男の絵文字の中で、孤独な哲学的意識の冒険が終わる。その意識は或る第二の冒険ではその永遠の対象、つまり自然を再び見いだすことだろうか。
目次 気まぐれと深い意味(下巻) 先行者達 ジャン・パウルの変わり者達 諧謔的な自我感情 ジャン・パウルの道化師としてのジャン・パウル 諧謔家列伝 諧謔家的長編小説としての『彗星』 『美学入門』と諧謔の教義 あとがき

本文ファイル

Jean Paul_2 pdf 0.98 MB 687  

詳細

レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2014.12.18
更新日 2022.04.20

この資料を見た人はこんな資料も見ています