<その他>
マックス・コメレル著『ジャン・パウル』上巻

作成者
本文言語
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 彼はこのように近世の人間の病気の物語を書いたので、書いていくうちにその物語は治癒の物語ともなった。というのは何をこれらの現象は示しているか彼が考えてみたとき、それは美しい人間のことではなく、総括して考える人間のことであったからである。
目次 第二版への序言 芸術家の世界(上巻) 機知的喩えから多感的喩え 精神的体験からの形式の生長 詩 序言 夢 悲劇的構想としての『巨人』 解説

本文情報を非表示

Jean Paul_1 pdf 1.47 MB 1,320  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
タイプ
登録日 2014.12.18
更新日 2020.10.07

この資料を見た人はこんな資料も見ています