<テクニカルレポート>
ICTの普及が経済の発展と格差に及ぼすグローバルな影響の分析 : 国際的議論の変遷と実態変化のデータ観察

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本稿では、ICT(情報通信技術)の普及が経済の発展と格差に及ぼすグローバルな影響につ いて、国際的な議論がどのように変遷してきたかを跡付けた後、その背後で、どのような 実態の動きがあったかを、現時点で利用可能ないくつかの長期統計にもとづいて動的デー タ観察を行った。その結果、第一に、国連のミレニアム開発目標と連携したUNCTAD の取 り組みが象徴するように、当初はデジタル・ディバイトなど技術格差...がもたらす影の側面に 関心が集まったが、2000 年代中盤からは貧困の撲滅や雇用の創出など途上国の経済発展に 向けた光の側面が注目されるようになったこと、第二に、ICT の普及などに関する世界約 200 カ国・地域の長期データで動的に俯瞰すると、論調の変化と期を同じくして、携帯電話 やインターネットが教育水準や所得水準を問わず世界の隅々にまで急速に普及しデジタ ル・ディバイドが縮小していることなどが明らかとなった。
The purpose of this paper is to review the global discussions on the social-economic impact of ICTs over the last two decades and then to observe how ICTs have been diffusing around the world based on the available long-run dataset. For this purpose, we surveyed major projects conducted by several international organizations such as ITU and UNCTAD and then we built the global dataset that represents the pervasion of fixed telephone, mobile phone, and internet as well as social-economic conditions such as GDP per capita and adult literacy rate among 213 countries and regions. This study reveals that international community, which first focused on digital divide, began to move their interest into digital opportunities for the social-economic development in the mid-2000s in accordance with rapid spread of the technology, especially mobile phone, even in the less developed countries where GDP per capita and adult literacy rate are considerably low. As a result, Gini coefficient demonstrates digital divide is beginning to close now.
続きを見る

本文情報を非表示

e_dis289 pdf 861 KB 456  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
NCID
注記
タイプ
登録日 2014.12.05
更新日 2020.02.10

この資料を見た人はこんな資料も見ています