<学術雑誌論文>
OVOL1はヒト皮膚の内毛根鞘,脂腺,汗腺とその腫瘍に発現している

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連DOI
関連URI
関連HDL
概要 OVOL1 is an important transcription factor for epidermal keratinization, which suppresses proliferation and switches on the differentiation of keratinocytes. A recent genome-wide association study has... revealed that OVOL1 is one of the genes associated with susceptibility to atopic dermatitis. Although it is known to be expressed in murine skin and hair follicles, no investigations have focused on its localization in human skin. In the present study, we thus immunolocalized the expression of OVOL1 in normal and diseased human skin. In normal human skin, OVOL1 was preferentially expressed in the suprabasal layer of the epidermis, inner root sheath of hair, mature sebocytes and the ductal portion of the eccrine glands. Compared to this, no remarkable change in the expression of OVOL1 was observed among inflammatory skin diseases. The expression of OVOL1 was evident in eccrine poroma and hidradenoma. Moreover, it was overexpressed in Bowen's disease and sebaceous adenoma, in sharp contrast to its downregulation in their more malignant counterparts, squamous cell carcinoma and sebaceous carcinoma. OVOL1 may play an important role in human skin morphogenesis and tumorigenesis.
OVOL1は表皮細胞の増殖を抑制し角化を推進させる転写因子と考えられている.最近のgenome-wide association studyでは,アトピー性皮膚炎の疾患感受性遺伝子の一つとしても注目を浴びている.マウスではOvol1は皮膚及び毛囊に発現していることが報告されているがヒトでの研究はこれまで報告されていない.本研究では,ヒト健常皮膚および皮膚疾患で, OVOL1の発現を免疫組織学的に明らかにした.健常皮膚では,OVOL1は基底層上層の表皮細胞,毛囊の内毛根鞘,成熟した脂腺細胞,エクリン汗腺の導管部に優位に発現していた.炎症性皮膚疾患のOVOL1の発現は健常皮膚に比べ変化を認めなかった.OVOL1の発現はeccrine poromaとhidradenomaで亢進していた.ボーエン病と脂腺腫ではOVOL1の発現は亢進していたが,有棘細胞癌や脂腺癌ではむしろ減少していた.OVOL1はヒト皮膚の器官形成や腫瘍発生に重要な役割をになっているのではないかと考えた.
続きを見る

本文ファイル

pdf p166 pdf 21.0 MB 1,126,418  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
関連PubMed ID
主題
タイプ
登録日 2014.11.14
更新日 2021.07.28

この資料を見た人はこんな資料も見ています