<紀要論文>
図書館マーケティングから大学IR(機関研究)へ : 図書館データ解析への期待

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 近年,大学の運営や教育力に関連して,IR(Institutional Research)という概念が注目されている.特に学生に対する教育力の向上を図る観点からのIR(教学IR)は,今後の大学にとって極めて重要なテーマである.我々は,これまで図書館マーケティングなる概念の重要性に注目し,特に大学図書館の貸出記録データを中心とした図書館データを解析し,得られた知見をサービスの向上に活かす方法論の重要性...を実際の解析手法の例示を通じて訴えてきた.また,同様な手法を授業データに適用することにより,授業データ解析も今後重要になることも訴えてきた.本稿は,これらの研究をさらに発展させることを目的とし,大学IRそのもの,また,図書館データ解析を基礎とした大学図書館の大学IRへの貢献可能性について論じる.続きを見る
目次 1. はじめに 2. 3つのIR 3. データ解析の事例 4. 教学IRのための図書館・授業データ解析 5. まとめと今後の課題

本文情報を非表示

p008 pdf 1.24 MB 569  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2014.11.06
更新日 2020.10.07

この資料を見た人はこんな資料も見ています