<学術雑誌論文>
ヒト毛囊組織におけるS100A2, S100A4, S100A6, S100A7, S100Pの局在

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The hair follicle is a highly differentiated structure. In this study, we examined immunohistological localization of S100A2, S100A4, S100A6, S100A7, and S100P using specific monoclonal antibodies. S1...00A2 was strongly expressed in the entire outer-root sheath (ORS), but more weakly in cuticle and medulla in the bulb. S100A6, S100A7, and S100P were expressed in the innermost cells of ORS. The cuticular area was weakly positive for S100A2, S100A6, S100A7, and S100P. S100A4 was expressed in dendritic Langerhans cells and melanocytes. Sebaceous cells were variably immunopositive for S100A2, S100A6, and S100A7. A subset of dermal papilla cells expressed S100A4 and S100A6. None of the antibodies labeled the inner-root sheath. The distinct spatiostructural distributions of the S100 family proteins suggest that each protein is differentially involved in the physiological function of normal hair follicles.
ヒト毛?はきわめて分化した組織であるが, 表皮分化関連蛋白群に属するS100A2, S100A4, S100A6, S100A7, S100Pの局在に関しては十分な解析がなされていない. 我々はこれらの分子に対する特異抗体を用いて,その局在を免疫組織学的に明らかにした. S100A2 は外毛根鞘(ORS)の全域に強く染色された.毛髄質はS100A2 に弱陽性であった. S100A6,S100A7,S100P はORSの最内層に陽性であった. cuticleは, S100A2, S100A6, S100A7, S100Pで弱く染色された. S100A4はランゲルハンス細胞と色素細胞を染色した. 脂腺細胞はS100A2, S100A6, S100A7で部分的に染色されたが, その染色パターンは異なっていた. 毛乳頭細胞は部分的にS100A4, S100A6に陽性であった. 内毛根鞘はどの抗体でも染色されなかった. 異なる局在を示すことから, これらのS100蛋白は毛?脂腺系において異なった働きを担っていると考えられた.
続きを見る

本文情報を非表示

p148 pdf 922 KB 443  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
関連PubMed ID
主題
タイプ
登録日 2014.10.15
更新日 2021.07.28

この資料を見た人はこんな資料も見ています