<紀要論文>
ジルコンの迅速分離手法とU-Pb年代測定への適用例

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本稿では、ジルコンの迅速分離手法とLA-ICP-MSを用いたU-Pb年代測定の実例を報告する。ジルコンは岩石中には副成分鉱物として産するため、その量的な問題から多くの場合、試料からの分離が必要となる。ジルコンの分離には、現在においても重液を用いた分離法が一般的である。しかしながら、重液の使用に対する非効率性や人体に及ぼす危険性、高コストが指摘されてきた。そこで、小論ではこれらの問題を解決するために...、重液を用いないジルコンの迅速分離手法を考案した。本手法では、粉末試料をビーカーや時計皿による水簸および椀掛けをすることでジルコンを30分以内に抽出することが可能であり、重液分離と比べると極めて迅速で効率よく、低コストで安全な手法といえる。ジルコンはU-Pb年代測定のほかに、包有物解析や化学組成から様々な地質事変を制約できる鉱物である。本手法は膨大なジルコン分析に対応した地質学的研究に非常に有用な手法であるとともに考古学などの他分野への応用も期待される。
This report provides the rapid separation techniques of zircons and an example of U-Pb dating of the zircons using LA-ICP-MS. Zircons have been commonly separated from a sample using heavy liquid. However, previous reports have pointed out the inefficiency, harmful effect and high cost of the heavy liquid method. In this report, we provide the rapid techniques for zircon separation without using heavy liquid, and procedures just before zircon analysis, including separation, hand picking, mounting, and observation under cathodoluminescence image. In the method introduced here, the zircons can be separated only for 30 minutes per one sample just by panning with a beaker and watch glass. Therefore, this method is more efficient, quicker, lower cost and safer compared with heavy liquid separation.
続きを見る

本文情報を非表示

p001 pdf 1.99 MB 3,484  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
登録日 2014.07.22
更新日 2020.12.09

この資料を見た人はこんな資料も見ています