<紀要論文>
獨逸國國事裁判所論 : 共和國憲法第十九條を中心として

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連DOI
関連URI
関連情報
目次 一 はしがき 一 獨逸國國事裁判所法 一 國事裁判の意義に關する諸説 (一)憲法の本質 (二)憲法変遷-特に憲法の解釈に就いて (三)國事裁判と憲法政策 一 現行獨逸國國事裁判制度-共和國憲法第十九條を中心として (一)邦内に於ける憲法争議 (1)争議の対象 (2)争議當事者 (イ)政府 (ロ)議会 (ハ)議會のフラクシヨン (二)議會の少数代議士 (ホ)政党 (へ)貴族團體 (ト)宗数團體 (チ)地方團體 (二)聯邦國家に於ける憲法争議 (A)邦と邦との間の争議 (B)國と邦との間の争議 (a)共和國憲法第十九條 (b )共和國憲法第十五條第三項 (c)共和國憲法第十三條第二項 (三)國内の憲法争議ー法令審査に就いて (四)判決の執行

本文ファイル

pdf p117 pdf 2.87 MB 191  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
地域
主題
タイプ
時代・年代
登録日 2009.06.10
更新日 2021.02.19

この資料を見た人はこんな資料も見ています