<学術雑誌論文>
右肺中下葉間に気管支の破格を認めた肺切除の一例

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 A 77-year-old male was referred to our department due to lung cancer (cT3N0M0) of the right lower lobe. During right lower lobectomy, a thin duct structure was recognized in the hilar region between t...he middle and lower lobes that was identified to be a supernumerary bronchus upon a review of the preoperative chest CT images. Although bronchial anomalies are rare, it is important to carefully view preoperative images for any such anomalies in order to more safely perform surgery.
77歳男性.前医にて右下葉肺癌(cT3N0M0)を指摘され,当科紹介受診となった.当科にて右下葉切除,縦隔リンパ節郭清を施行した.術中,右中下葉間の肺動脈肺底区域枝に併走する索状物を認めた.術中に術前CTを再評価し,構造物は右中下葉間の過剰気管支と判明した.気管支の破格は稀ではあるが,手術を安全に行うためには術前画像を入念に評価することが必要と考えられる.
続きを見る

本文ファイル

p100 pdf 613 KB 364  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
関連PubMed ID
主題
タイプ
登録日 2014.07.08
更新日 2021.07.28

この資料を見た人はこんな資料も見ています