<紀要論文>
御手洗水試験流域の流量・気象観測報告(II)

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 御手洗水試験流域は、福岡県糟屋郡篠栗町の九州大学農学部附属演習林内に設置されており、2003年以降、流量および気象データが継続的に観測されている。本試験流域の地質は三郡変成岩類中層部の緑色片岩と北部九州に分布する三郡変成岩帯に部分的に含まれる蛇紋岩である。本試験地はヒノキ人工林および常緑・落葉の混交二次林で覆われており、ヒノキ人工林では2012年1月~3月にかけて本数間伐率50%の強度間伐が行われ...た。本試験流域の観測結果は2003年から2007年の5年分についてはすでに公開されており、本報告は間伐後の1年間を含む2008年から2012年の日単位の流量データ、気象データを取りまとめたものである。
This report presents daily meteorological and stream flow data for the Ochozu Experimental Watershed located in the Kasuya Research Forest. This watershed is covered with a plantation forest of Japanese cypress (Chamaecyparis obtusa) and underlain by green schist and serpentinite. Fifty percent thinning was conducted and stand density was reduced to halfin January 2012. Daily meteorological and stream flow data from 2003 to 2008 have already been published. This report presents the data from 2008 to 2012, including a year post-thinning.
続きを見る

本文ファイル

pdf p069 pdf 29.6 MB 523  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2014.07.07
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています