<紀要論文>
九州大学宮崎演習林におけるスズタケの移植試験 : 株の成長と火入れの影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 かつて九州大学宮崎演習林(以下、宮崎演習林)ではスズタケ(Sasa borealis (Hack.) Makino et Shibata)がほぼ全域に繁茂していた。しかし、1980年代後半から密度や被覆面積の減少が見られ始め、2004年には宮崎演習林全体の面積の70%以上の場所でスズタケの衰退が確認された。宮崎演習林内でスズタケが絶滅した地域において、2010年に天然生林の林床にスズタケを移植し2...013年までの変化を調査した。調査プロットの一部の林床に火入れを行い、プロットの周囲をシカ防護ネットで囲みスズタケを移植した。稈冠の幅(稈の広がりの直角2方向)と1株あたりの稈数、最大稈高、地際の株幅を一年に一回測定した。2013年3月において稈冠幅から求めた稈冠面積、稈数、株幅は初期値より大きく増加していた。稈高にはほとんど変化が見られなかった。火入処理は稈冠面積、稈数、稈高、株幅に影響を及ぼさなかった。
Sasa borealis (Hack.) Makino et Shibata had grown thick in the whole area of the Shiiba Research Forest, Kyushu University. S. borealis had declined from the late 1980s, and declined in more than 70% area of the Shiiba Research Forest in 2004. We conducted a experimental transplantation of S. borealis under a natural forest in which S. borealis disappeared in the Shiiba Research Forest in 2010. We set up burned and control plots, by burning a part of forest floor in the study area. We transplanted S. borealis in each plot after surrounding with deer fence. The width of crown (two lengths at right angles to each other) and number of culms largely increased during the study period from 2010 to 2013. The height of culms did not change. The width of clumps largely increased by one year. The burning did not affect width of crown, number of culms, height of culms and width of clumps.
続きを見る

本文ファイル

pdf p016 pdf 2.51 MB 463  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2014.07.07
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています