<紀要論文>
アスペルガー障害を伴う中学生のための集団心理療法プログラム

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連情報
概要 本稿の目的は,アスペルガー障害を中心とした発達障害を伴う中学生のための集団心理療法プログラムについて報告することであった。プログラム1「みんなでゴールゲームJ,プログラム3「好きなのはどっちゲーム」では,話し合いや他者への関心を促すことを目的とした構成について報告した。プログラム2「風船バレー」では,活動的な遊びの中で,集団の一体感や凝集性を高めるための構成について報告した。プログラム4 「大きな...船を作ろう」プログラム5 「心理劇Jでは,自己表現を促し他者から受容される体験を目指した構成について報告した。プログラム6「子ども企画」では,子ども自身がプログラムを立案,実施する際の留意点について報告した。最後にプログラム立案の視点を,(a)自由な自己表現の保障と他児からの被受容体験,(b)ルール性の高い活動の導入,(c)話し合い活動の積極的な導入,(d)リーダ一役割の付与・子ども企画の導入の4点から考察した。
The purpose of this study was to report group psychotherapy programs for junior high school students with Asperger's syndrome and another developmental difficulties. Program 1 "Let's goal game", and program 3 "Which is your favorite?" were aimed to improve discussion-skills and awareness to the others. Program 2 "balloon volleyball" was aimed to improve a sense of togetherness and cohesivess in active play. Program 4 "Let's make a big ship!" and program 5 "psychodrama" were aimed at the experience which facilitates self-expression and that of acceptance by others. In the explanation of program 6 "programs designed by children", an important viewpoint to assist children designing a program by themselves was discussed. Finally, the viewpoint necessary for planning the programs were explained in the following four points; (a) the experience of voluntary self expression and that of acceptance by other children, (b) introduction of activities with complex rules, ( c) introduction of dialogue between the members, ( d) giving children the role of group-leaders for programs designed by children themselves.
続きを見る
目次 要約 1.想定されるグループの特徴 2.プログラム各論 3.プログラム立案の視点の総括

本文ファイル

p047 pdf 769 KB 708  

詳細

レコードID
査読有無
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2014.06.26
更新日 2020.12.09

この資料を見た人はこんな資料も見ています