<学術雑誌論文>
大腸癌イレウスに対しステント留置術後に根治術を施行した2例

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 大腸癌イレウスは全大腸癌の3.1~15.8%に認められ,決して稀な病態ではない.大腸癌に伴う狭窄に対して従来経肛門的イレウス管の留置あるいは緊急人工肛門造設術が施行されてきたが,2012年より本邦において大腸ステント留置術が保険収載され臨床において使用可能となった.大腸ステント留置術は十分な術前検索や腸管の術前プレパレーションを施行したうえで待機的な手術が可能であり,臨床的有効性が高い.われわれは...大腸癌イレウスに対するステント留置後一期的に根治術を施行した2例を経験したので報告する.
Obstructive colorectal cancer accounts for 3.1-15.8% of total colorectal cancer cases, therefore it is not a rare condition. Formerly, it has been often treated with emergent operation such as colostomy or trans-anal tube decompression. Since 2012, revision of the medical payment system, it has become possible to be treated with elective operation when using endoscopic metal stent placement that enable to decompress enlarged intestine by transanal approach. This procedure provides safe elective surgery with sufficient preoperative inspection and conventional bowel preparation. We report two cases of acute large bowel obstruction due to colon cancer treated with endoscopic stent placement as a "bridge to surgery".
続きを見る

本文ファイル

p580 pdf 3.57 MB 3,482  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
関連PubMed ID
主題
タイプ
登録日 2014.04.21
更新日 2021.07.28

この資料を見た人はこんな資料も見ています