<学術雑誌論文>
変わる大学図書館 : 九州大学附属図書館のシステムデザイン

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 近年,テクノロジーの著しい進歩やコンテンツのディジタル化が進み,図書館でも冊子資料に加え,電子ジャーナルや電子書籍,学術データベース,機関リポジトリ,ディジタルアーカイブ,電子教材など,様々なコンテンツをWeb上で提供している.また,貸出更新や施設予約,図書購入,自著のセルフアーカイブなどのサービスもWeb化が進んでいる.九州大学附属図書館では,「すべてのWebサービスを統一的にデザインし,大学の...学術コンテンツ基盤として有機的に機能させる」ことを基本コンセプトとし,標準的な技術を用いたユーザインタフェースの構築とデザイン,データ管理システムの統合を進めてきた.そのコンセプトと技術について紹介する.続きを見る
目次 コンセプト Web プラットフォーム(Drupal) ユーザインタフェース 九大コレクション(eXtensible Catalog) 世界の文献(Summon) パーソナルサービス ユーザ認証 図書館を使う 今度の展開 参考文献

本文情報を非表示

IPSJ-MGN550509 pdf 1.42 MB 908  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
ISSN
NCID
注記
登録日 2014.04.18
更新日 2016.01.20

この資料を見た人はこんな資料も見ています