<学術雑誌論文>
肝下部下大静脈併用肝切除においてStroke Volume VariationはCVPと逆相関し出血量の指標となりうる

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 eng=Purpose : Stroke volume variation (SVV), which is measured by analyzing arterial blood pressure waveform characteristics, is a simple and sensitive indicator of fluid responsiveness. The current r...etrospective study was to investigate SVV and central venous pressure (CVP) during hepatic resection under clamping of both the infrahepatic inferior vena cava (IVC) and the portal triad. Methods : All hepatic resections performed from December 2009 to February 2010 at the Department of Surgery at Iizuka Hospital in Japan were included in this study. Invasive hemodynamic monitoring including CVP and SVV were performed in 14 patients. Results : CVP was significantly lower in patients with blood loss ≤ 486 g than in those with blood loss > 486g. SVV was significantly higher in patients with blood loss ≤ 486g than those with blood loss > 486 g during both IVC clamping and IVC + portal triad clamping. Estimated blood loss was significantly less in the group with SVV values > 18% compared to the group with values ≤ 18%. There was a significant correlation between SVV and CVP (R^2= 0.714 ; P < .01). Conclusion : SVV is a useful indicator of intraoperative blood loss without the monitoring of CVP during hepatic resection under clamping of both the infrahepatic IVC and the portal triad.
【はじめに】近年, stroke volume(一回拍出量)は呼吸性変動を受け, この変化量であるstroke volume variation(SVV)がfluid responsiveness(輸液反応性)の指標としてCVP よりも鋭敏であると言われている. 動脈ラインにFloTrack™を接続すればSVV は簡便に測定可能である. また肝切除における下大静脈クランプ(IVCC)は中心静脈圧(CVP)を下げ, 出血コントロールに有用であるとの報告があるが, 中心静脈路の確保が必要となる. 【目的】IVCC 併用肝切除時のSVがCVPの代用となり得るかを検討した. 【対象】平成22年12月から2ヶ月間の肝切除14例(男10例, 女4例, 49〜79歳). 全例ダブルルーメンの中心静脈カテーテルを挿入しCVPを測定, SVVはFloTrack™を用いて測定した. 肝切除はCUSA を用いてIVCC + Pringle法下に行った. 【結果】IVCC にて有意にSVVが上昇したがCVPの有意な低下はみられなかった. Pringleのみでは両者とも変化を認めなかった. 肝切除中, IVCC + Pringle にて有意にCVP 低下, SVV上昇し, Pringle解除にて速やかに前値に戻った. SVVとCVPは有意に逆相関した. 14例の出血量の中央値486g(120〜2214)であり, 出血量が486g以下の症例をA群(n=7), 以上の症例をB群(n=7)とし, A 群ではIVCC 時に有意にCVPが低下し, SVVが上昇していた. SVV18%以上の症例(n=4)では有意に出血量が少なかった. 【結論】SVVはCVPと有意に相関しており, SVV の測定は, IVCC併用肝切除時にはCVPの代用となりうる. またSVV18%以上を目標にしたIHVCC併用肝切除は出血の軽減に寄与すると思われた.
続きを見る

本文情報を非表示

p362 pdf 1.17 MB 361  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2014.02.20
更新日 2017.07.31

この資料を見た人はこんな資料も見ています