<学術雑誌論文>
肝細胞癌におけるInsulin-like growth factor (IGF-1)発現に関する検討

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 Insulin-like Growth Factor 1(IGF-1) antigen was immunohistochemically examined in 28 patients of the primary hepatocellular carcinoma with hepatectomy. IGF-1 was expressed in 93% (26/28) of the primar...y lesion and 100% (28/28) of the normal liver. Compared with expression in normal liver, decreased expressions in primary lesions were noted in 36% (10/28) for IGF-1. Histological examination revealed that there were significant correlations between patients with decreased expressions of IGF-1 in primary lesions and poor differentiated hepatocellular carcinoma, and portal vein infiltration. These results indicate that expression of IGF-1 has the relationship with the differentiation in human primary hepatocellular carcinoma.
【はじめに】肝細胞癌におけるIGF-1 発現の意義を検討し, IGF-1 が肝細胞癌脱分化にどのように関与しているかを検討した. 【対象および方法】肝細胞癌切除症例28例のホルマリン固定パラフィン包埋標本でIGF-1を免疫染色した. 細胞増殖活性の指標としてはKi-67の発現を検討した. IGF-1は癌部と非癌部の発現を比較して, 非癌部が癌部より過剰に発現したものをA群(n=10), 癌部が非癌部と同等または過剰に発現したものをB群(n=18)とした. Ki-67(細胞増殖活性)はLabeling Index(LI)を用いて判定した. 【結果】IGF-1は非癌部で28例/28例(100%), 肝細胞癌部では26例/28例(93%)で発現を認めた. 癌部が非癌部と同等または過剰発現するB群は18例/28例(64%)であった. 病理組織学的分化度ではIGF-1発現のB群は高分化型肝細胞癌が多く, A 群では低分化型肝細胞癌が有意に多く認めた(p < 0.01). またA群では脈管侵襲(vp)が多く認められた(p < 0.01).しかしながら, 肝内転移(im), 被膜形成(fc), 被膜内浸潤(fc-inf)との相関はなかった. IGF-1とKi-67との間にも相関関係は認めなかった. 【まとめ】肝細胞癌切除例におけるIGF-1の発現は細胞増殖活性との明らかな関係は認められなかったものの, 肝細胞癌の脱分化並びに門脈侵襲に関与していると判明した.
続きを見る

本文情報を非表示

p334 pdf 2.41 MB 268  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2014.02.20
更新日 2017.07.31

この資料を見た人はこんな資料も見ています