<学術雑誌論文>
胃の早期腺扁平上皮癌の一例

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 Adenosquamous carcinoma of the stomach is very rare; at present, there are only seven published reports. We report here an eighth case involving a 77-year-old Japanese man who was diagnosed with gastr...ic cancer by upper endoscopy and computed tomography (CT). He underwent laparoscopic-assisted distal gastrectomy for early gastric cancer and the resected specimen was diagnosed as adenosquamous carcinoma limited to the submucosal layer. Only one lymph node metastasis was noted. Seven months later, liver metastasis (3 tumors, 15 mm maximum in diameter) was detected by abdominal CT. He was started on chemotherapy with S-1 and cisplatin (CDDP) and is alive 14 months after surgery. Almost all cases of adenosquamous carcinoma of the stomach are diagnosed in advanced stages and carry a very poor prognosis. Most patients with early adenosquamous carcinoma of the stomach survive for 2 or more years without recurrence, however our patient experienced recurrence 7 months after surgery. Therefore, future treatment for recurrent adenosquamous carcinoma of the stomach should be considered.
【はじめに】胃腺扁平上皮癌はまれな疾患であり, 報告は様々だがおよそ胃癌の0.5%といわれている. 早期癌に関する報告は非常に少なく, 現在7例報告されているのみである. 今回我々は本邦で8 例目となる早期胃腺扁平上皮癌を経験したので報告する. 【症例】77歳男性で上部消化管内視鏡検査で, 胃角部に0-IIa + IIc 病変を指摘され, 生検では腺癌の診断であった. 腹腔鏡補助下幽門側胃切除施行され, 病理組織診断では胃腺扁平上皮癌, T1b(SM)N1M0 StageIB と診断された. 術後6か月目のCT で肝臓に3か所の転移を指摘され, 再発に対してS-1/CDDP 療法が施行された. 現在1 年7 か月生存中である. 【考察】腺扁平上皮癌とは腺癌と扁平上皮癌が共存しており, うち扁平上皮癌が4 分の1以上存在することが必要とされている. 腺扁平上皮癌の報告は多数あるが, ほとんどの症例は肝転移や多発リンパ節転移を伴った進行した状態で発見されている. また症例が少なくまだ不明なことが多いが, 基本的には予後不良といわれている. 理由としては①多発肝転移や多発リンパ節転移を伴った進行癌で発見されている, ②早期胃腺扁平上皮癌でも早期に再発する, ということが挙げられる. しかし, これまでの7 例の早期癌症例において3例は言及されていないが, 4例は無再発であり, 4年以上生存している症例もあるため, 胃腺扁平上皮癌が生物学的な特徴を有している可能性がある. 本症例のように早期癌であってもわずか6か月で再発をきたした症例もあることから, 通常の腺癌よりは厳重な経過観察が必要であると考えられた.
続きを見る

本文情報を非表示

p315 pdf 3.14 MB 337  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2014.01.21
更新日 2017.07.31

この資料を見た人はこんな資料も見ています