<学術雑誌論文>
遅発性難治性胆汁漏により汎発性腹膜炎を呈した生体肝移植ドナーの1例 : 胆汁漏に対するランデブー法の有用性

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 Biliary leakage is a major complication after hepatectomy. We report the case of a living-donor liver transplantation (LDLT) donor with a late-onset bile leak from the trifurcation of the hepatic duct... who was successfully treated using rendezvous technique. A 52-year-old man underwent extended left hepatectomy for donation and was discharged on postoperative day (PD) 13. However, he was rehospitalized on PD 26 with severe abdominal pain. Physical examination suggested panperitonitis, and abdominocentesis showed bilious ascites. Emergent laparotomy for biliary leakage and peritonitis was performed. There was bilious ascites in the peritoneal cavity. A biliary fistula was recognized at the trifurcation of B8a, B8b, and B5. Intraoperative transhepatic biliary drainage of each bile duct was performed. Endoscopic transpapillary drainage was performed on PD 24. Finally, external drains were removed and complete internal drainage established on PD 70. The bile leak was considered to be the result of injury from electrocautery device. Appropriate making choices of the electrocautery devices enable us to avoid over thermal injury of the liver surface. Rendezvous bidirectional drainage effectively treated late-onset bile leakage from the trifurcation of a hepatic bile duct.
【はじめに】肝切除後の胆汁漏は未だ完全には克服されておらず, 難治例も散見される. 今回我々は, 生体肝移植ドナーの拡大左葉切除術後に, 汎発性胆汁性腹膜炎を合併した前区域胆管側壁よりの遅発性胆汁漏の症例を経験した. 胆汁漏原因を考察するとともに, 治療として経肝的, 経乳頭的な双方向性アプローチを駆使したランデブー法が有用であった症例を経験したので報告する. 【症例】52 歳男性, 生体肝移植ドナーとして当科入院となり, 拡大肝左葉切除術を施行. 術後26 日目に突然の腹痛が出現し, 血液検査にて肝胆道系酵素の上昇と腹部CTにて著明な腹水貯留を認めた. 腹水穿刺の結果, 胆汁漏による汎発性腹膜炎が疑われ緊急開腹術を施行した. 手術所見としては, 開腹時に多量の胆汁性腹水が見られ, 瘻孔部は前・後区域胆管合流付近に認められた. 各々にRTBD チューブを留置し経肝的ドレナージと瘻孔部の周囲のドレナージを行った. 開腹ドレナージ術術後も難治化が予想されたため, 術後24 日目にERC での経乳頭的ドレナージを追加して双方向ドレナージを開始した. 術後70日目には完全内瘻化が可能となり良好な経過を得ている. 本症例の胆汁漏の原因の1 つとして, 肝切裏面にグリソンが近接していたこととエネルギーデバイスの使用からグリソンの熱損傷を考えた. エネルギーデバイスの選択によっては組織への過度な熱損傷が防ぎ得ると考えられる. 【まとめ】難治化が予想される肝切除後の遅発性胆汁漏に対して, ランデブー法を用いることにより良好な経過を辿ることが出来た生体肝移植ドナーの1 例を経験した. 胆汁漏の原因についても併せて考察し, 症例を報告する.
続きを見る

本文情報を非表示

p309 pdf 2.11 MB 519  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2014.01.21
更新日 2017.07.31

この資料を見た人はこんな資料も見ています