<紀要論文>
水生植物の繁茂する閉鎖性水域の水面熱境界に関する考察

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 We examined the influence of the aquatic plants given to the magnitude of thermal disturbance in the closed water body by hydraulic experiments which examined attenuation of underwater illuminance and... the thermal boundary in the covered part which depending on the kind of the aquatic plant and the vegetation density. As the result, it is understood that the attenuation rate of the illuminance is large in the plant with a thick leaf, and that the thermal flux on the water surface and the development speed of the mixed layer decreased when the vegetation density increased. The change of the water temperature stratification and the development speed of the mixed layer were reproduced by inputting the kind and the vegetation density of aquatic plants to the water surface boundary conditions in the one-dimensional model for water temperature as parameters.
水生植物の繁茂が閉鎖性水域の熱対流に及ぼす影響について,水槽実験による水温鉛直分布および水面での照度の測定から,水面における熱輸送量の遮蔽率を求めた.その結果,照度および熱フラックスは,水生植物の種類によってその遮蔽率は大きく異なり,その大きさは特に葉の厚さに大きく依存することがわかった.また,熱フラックスの遮蔽率は水生植物の密生度が増加することで大きくなり,それにより混合層の発 達速度が減少することがわかった.この遮蔽率を鉛直一次元水温モデルにおける水面境界条件として適用した結果,水生植物の種類および密生度をパラメータとすることで水温成層および混合層の発達速度の変化を再現しうることを示した.
続きを見る

本文情報を非表示

p187 pdf 969 KB 95  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
登録日 2009.04.22
更新日 2017.11.08

この資料を見た人はこんな資料も見ています