<学術雑誌論文>
教員データに対する多面的検索システム(eラーニング2, 夏のデータベースワークショップDBWS2005)

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
関連URI
概要 The vector model information retrievalsystem and XQuery are two key technologies for information retrieval. Integration of this two methods is one of the big challenges in next generation search engin...es. This paper proses a faceted search engine for research and development activities of university professors. The targets are the documents of their activities which consists of outline of research, classes they teach, listing of publications etc. Each components of documents are considered as separate documents and have different indices. These indices realize several different point of view for search. The search results are shown as a two dimensional map. Each axes designates a point of view, and search results are clustered according to each component. This map gives a birds-eye view as well as keywords for narrowing query in each component.
ベクトルモデルに基づく文書検索と, XMLに代表される半構造化文書の検索技術の融合は, 検索技術についての研究として最もホットなテーマである。本稿では, 教育研究活動概要や研究成果一覧などの複数の項目からなる教員データを具体的対象として, それぞれの項目を検索の観点として捉える多面的検索方式を提案する。各文書のそれぞれの項目を独立した文書として捉え, 個別インデックスを構成することにより, 項目毎のクラスタリングを実現する。利用者は, 複数の項目から任意の二項目を選択することにより, 2つの観点を用いたクラスタリング結果を見ることができる。さらに, 各項目のクラスタから抽出した特徴的キーワードを2つの軸に表示することにより, 単純な可視化ではなく, 可視化画面においてそれぞれのセルを二種類のキーワードで解釈することができる。このキーワードは, 検索結果全体の概観を与えるだけでなく, 検索絞込みにも利用でき, 対話的な検索の効率が向上できる。
続きを見る

本文情報を非表示

hirokawa_160 pdf 705 KB 50  

詳細

レコードID
ISSN
NCID
注記
登録日 2013.12.09
更新日 2015.12.14

この資料を見た人はこんな資料も見ています