<テクニカルレポート>
通信タイミングを考慮したランク配置最適化技術

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
関連URI
概要 本稿では,通信性能の悪化の主要因である通信の衝突を避けるためのランク配置最適化技術の提案を行う.メッセージごとに通信のタイミングを考慮することで,衝突を回避する高精度なMPIランク配置最適化の提案を行った.また,本手法では衝突を制御するための同期関数の挿入を行う必要がある.このオーバーヘッドを含めてどれほどの実行時間の削減効果があるか評価実験を行った.対象プログラムとしてはrecursive do...ublingの通信パターンやCG法やumt2000といった実アプリケーションの通信パターンを用いた.順配置に対して最大45%,従来研究の出力したランク配置に対して最大24%程度の通信時間の削減効果を示し,本手法の有効性を確認した.
In this paper, it proposes the rank optimization of rank allocation technology of avoiding the communication contention that is the key factor of the deterioration of the communication performance. It proposes the method is possible to ward off a communication contention was allcated by considering the communication-timing of each message. Moreover, this method has a overhead that it has to add synchronous function.In the evaluation experiment, it check how does this method cut down communication time including that overhead. The communication pattern of the recursive doubling and the communication pattern of the real application such as CG and umt2000 are used in this evalucation experiments. The ratio of reduction in the communication time are 45% or less for order rank allocation , 24% or less for previous work rank allcation in the experiment.
続きを見る

本文情報を非表示

morie06_1 pdf 94.2 KB 35  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.09.26

この資料を見た人はこんな資料も見ています