<紀要論文>
ロマニスティクとロマンティク : サヴィニーにおける法学形成の断章

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連情報
目次 目次 はじめに 一 ギュンダーローデとサヴィニー (一)ギュンダーローデとは? (二)創作活動など (三)ギュンダーローデ/サヴィニー ニ ヘルダリンの抜き書き(Abschrift)をめぐる諸問題 (一)年代確定 (二)紹介者 (三)『使命』と『ヒュペーリオン』-テクスト比較- (四)ヘルダリン/サヴィニー 三 ローマ法史学講義(1808/9年冬学期) (一)講義の全体像・目的 (二)講義の内容 (三)ヘルダリン受容の跡? 四 その後の展開-ベルリン時代- (一)法史学講義の序論(1814年夏学期) (二)『中世ローマ法史』第1巻(1815年〉 おわりに

本文ファイル

hosei75-1_pa001 pdf 3.63 MB 558  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
地域
主題
タイプ
時代・年代
登録日 2009.04.22
更新日 2021.02.19

この資料を見た人はこんな資料も見ています