<紀要論文>
マツノザイセンチュウを接種したクロマツにおける部分枯れの発生と成長への影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 マツノザイセンチュウを接種し,部分枯れとなったクロマツの枯損状況と生存部の成長を調査した.枯れは樹冠の先端の当年生枝で多く生じ,また,接種部位から離れた部分においても発生した.このことから,マツノザイセンチュウは樹体内に侵入後,まず,枝の先端まで移動・分散し,その後増殖を開始したが,移動先での増殖が枝の先端に限定されたために枝の先端のみが枯れたと推察された.幹と枝の肥大成長は接種翌年に低下したが,...枯損部分以外では形成層に異常が認められず,同心円状の成長がみられた.また,接種翌年の新生枝の発生率は低下したが,発生場所は接種部位からの距離とは無関係であった.さらに幹の通水状況は,古い木部では明らかに通水部分が減少したが,接種翌年に形成された木部では正常な通水が行われていた.このように,部分枯れ個体では成長や新生枝発生の減少などの樹勢低下や通水阻害は生じたが,生き残った部分における形成層の活性は維持され,正常な木部形成が可能であった.これらの結果から,この供試木が部分枯れに留まった要因は,線虫の増殖が枝の先端に限られたことと,枯損部分以外の形成層活働が維持されたことであると考えられた.
The appearance of partially wilted shoots in a Pinus thunbergii inoculated with Bursaphelenchus xylophilus and its influence on the growth of the tree were investigated. Wilting occurred at the tip of the shoots, and this pattern was observed throughout the entire crown. These results suggest that nematodes migrated and dispersed throughout the entire stem and shoot, but they propagated only at the tip of the shoots. Stem increment was not affected on the year of inoculation, but decreased the following year. Necrosis of cambium occurred only in the wilted area. After safranin dye perfusion, the old xylem area of normal water movement decreased, but the area of water movement in the xylem formed the year following inoculation was normal. Thus, a decline in stem increment and obstruction of water movement in old xylem occurred in the tree with partially wilted shoots. In healthy shoots and stem, however, cambial activity was maintained and healthy xylem was formed the following year. From these results, it was concluded that factors leading to the survival of tree with partial wilting are that nematodes propagated only at the tip of shoots and that cambial activity in the most part of this tree was maintained,
続きを見る

本文ファイル

p041 pdf 488 KB 285  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています