<紀要論文>
都市公園の利用実態と利用効果 : 用途地域の異なる3地域での調査から

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 福岡市内の異なった用途地域に所在する3箇所の公園を対象に,都市公園の利用実態と利用者にとっての効果が調査された.その結果,類似の条件で調査された既存の報告と比較して,全体的に公園誘致圏の拡大,滞留の長時間化の傾向が示された.地域別の傾向として,住居地域では到達距離が短く年間利用回数が多いこと,商業地域では公共交通手段を利用する人が多く滞留時間が短いこと,準工業地域では到達距離と滞留時間が長く年間利...用回数が少ないこと,などが指摘された.また,公園の年間利用回数は近距離から徒歩で来る利用者が多いこと,滞留時間は遠距離から自家用車や公共交通機関で来る利用者が長いことが確認された.実感価値,利用経費,満足度の3者を指標として,公園の利用効果が調査され,3地域の平均値として,実感価値は利用経費の約2倍に評価されることが示された.また個人にとっての便益費用(B/C)率を想定して地域ごとに比較することにより,住居地域が,商業地域や準工業地域より便益費用(B/C)率が高いことが示された.また,各効果指標と利用項目との相関分析の結果,満足度と実感価値は主に利用者の個人属性に関する項目との相関が高く,利用経費は主に接近および活動に関する項目との相関が高いことが指摘された.さらに満足度の構造が分析され,公園の全体的な満足度は,緑地や施設など公開の内部環境が利用者の目的に適合するか否かに左右されていることが示唆された.これらに基づいて,地域特性に応じた公園管理のあり方に示唆を与える2つの事項が指摘された.即ち,①利用者の個人属性を把握することで利用者が期待する公園像を想定できる可能性があり,大半の公園利用者の個人属性は地域の社会的環境から,ある程度の推定が可能であること,②公園の利用経費は個人にとっての便益費用(B/C)率の概念に直接結び付けることは困難なものの,利用者全体の平均億値で見る限り,公園の効果の評価方法として利用できる可能性があること,などである.
This paper is the basic report of a survey of management in zoning systems of urban park and green areas. Patterns and economic impact of park use were investigated in three zones in Fukuoka City, each consisting of urban parkland with an area of 400 ares and with different usage (residential,commercial, and semi-industrial). From the survey, the following results were obtained with regard to three issues; patterns and economic impact of park use, and their relationship. 1) Usage Patterns: Compared with previous studies, usage area was larger, stay hours longer and users' personal profile (occupation, age, sex, etc.) more partial. There are differences between the three zones in the following 4 regards; access distance, stay hours, frequency of visiting times, and nature of activity. 2) Economic Impact of Users: Three indicators used to evaluate the economic impact of users showed that benefit is double cost, and that satisfaction does not vary significantly. With regard to cost and benefit, it appeared that benefit is high in residential zone, and low in the commercial zone. Cost is high in semi-industrial zone. It is known from analysis of variance that the green area at the site(park) is a dominant factor in total satisfaction, and cost and benefit are closely related in the semi-industrial zone where access distance and stay hours are high. 3) Relation of Patterns and Economic Impact: It appered that satisfaction and benefit are closely related to users' personal profiles, and cost is related to the available means of transportation to the park and activity in the park. Further, the level of satisfaction differs when access distance is over or under 1km, and when the stay hours are over or under 30 minutes, It is high when visiting times are restrict. From the results, it is clear that there are differences in patterns and economic impact of park use between land use zones. The following two conclusions are apparent: ①The kind of park agreeing with users' expectations can be understood according to users' personal profiles; ②It is difficult to evaluate the economic impact of users when access distance and stay hours are high.
続きを見る

本文ファイル

p021 pdf 850 KB 1,045  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています