<紀要論文>
スギ林分の葉面積推定に関する基礎的研究 : シュート長あたりの針葉面積に及ぼす樹冠内光環境の影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 8年生のシヤカインスギ林分から採取された当年生シュートについて,シュート長いあたりの針葉数,針葉重量および針葉面積を樹冠内光環境との関係から調べた.その結果,シュート量長あたりの針薬数は相対照度に対してほぼ一定の値を示した.これに対しシュート長あたりの針薬重量および針葉面積は,相対照度の変化に対して負の相関を示した.これらの負の相関は個々の針葉のサイズが相対照度の低下に対して次第に大きくなることに...起因していた.これらの解析の結果から,シュート艮あたりの針葉面積を用いて,枝,個体または林分の針葉面積を推定する場合,シュート形成時の光環境を考慮する必要があると考えられた.さらにシュート長あたりの針葉面積を一定であると仮定して,葉面積を推定した場合,過大評価をする可能性が指摘された.
Needle number, weight and area per shoot length of current sugi (Cryptomeria japonica D. don) shoots were studied in assosiation with the light conditions within the canopy. Needle number per shoot length had little correlation (r = -0.134) with relative light intensity (RLI). On the other hand, needle weight and area per shoot length had strong negative correlation with RLI. These negative correlations were due to a decrease in mean needle weight and area as RLI increased, a phenomenon in many broad-leaf species. Thus, the estimation of needle area of sugi tree and the stand is posible by measuring shoot length and by considering the change in needle area per shoot length with the change in light conditions.
続きを見る

本文情報を非表示

p063 pdf 459 KB 373  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
主題
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています