<紀要論文>
山林地の雨量分布に関する研究

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 山林荒廃の誘因の一つに雨の降り方の異常性があげられる.山間地における降雨の時間・空間的特性を知るために,九州大学宮崎演習林(大河内)で長期間にわたり観測を行ってきた.数年にわたって得られたデータを解析した結果,山間地における雨について,吹のような特徴を明らかにすることができた.ⅰ)大河内は,九州本土内では最も雨の多い地域の中にあり,強い雨が長時間継続する型の雨が多い.ⅱ)大河内周辺の流域では,雨量...分布に著しい局地性があり,雨量分布の形は,梅雨前線性と台風性とで異なる.台風性の方が,梅雨前線性より局地性が顕著となる.ⅲ)雨量分布に局地性が生じる理由は,九州山系による大きなスケールの地形特性および大河内周辺の小地形の特性と土層風の影響によるものと考えられる.
Heavy rainfall is one of the important factors affecting forest denudation. The purposes of this paper is to study the intensity and distribution of heavy rainfall, and to estimate their causes. We chose the Miyazaki Forest of Kyushu University, which is located at the central part of Kyushu District as our study area, and made observations from 1976 to 1982. The results are as follows: (1) Daily precipitation at Okawachi in the Miyazaki Forest is the most of all the stations in Kyushu District. But, its hourly precipitation is less. (2) The amount of precipitation at No. 1(in Fig. 2) is always more than the areal precipitation in the Okawachi watershed. (3) The amount of precipitation at No. 5 and No. 6 (in Fig. 2) is always less than the areal precipitation in the Okawachi watershed. (4) Precipitation-catch variations are influenced by the topography and wind direction at 850 mb level (1500 m height).
続きを見る
目次 1.まえがき 2.観測方法 3.大河内の雨量特性 3.1.年最大日雨量の比較(九州全体) 3.2.年最大時間雨量の比較(九州金体) 3.3.最大日雨量の比較(宮崎・熊本県) 4.一ツ瀬川上流域(大河内流域)における大雨時の雨量分布 4.1.日雨量について 4.2.一雨雨量について 5.雨量解析 5.1.時間雨量の統計 5.2.風向と雨量分布 6.むすび 要旨 引用文献

本文ファイル

p171 pdf 600 KB 146  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています