<紀要論文>
森林の水土保全機能に関する森林構造学的研究

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本研究は,森林の水土保全機能,特に水資源かん巻繊能に対して,土壌から森林までを含めた総合的機能を林分構造解析により,換討したものである.その綽果,現在林分は,土壌表層,A_0層,下層植生等の林床状態を指梯する要因(浸透髄に関係をもつ要因)に強い影響力をもつ挙がわかった.そこで,次に林床状態への作用を敢も適液に衷現する要因について,侵食率等の林原園子との関係を解析することにより求めたものが樹冠因子で...ある.この樹冠因子は林地被綬による林床照度の絨少やAo周への啓発暮落枝の供給,降雨の遮断琴の作用を果たしており,林分密度要因と関連して林床状態を規制しているものである.本研究では,樹冠の横方向写養の授膨とその判胱により,樹冠塾及び樹冠既に対する定数化を可能とした.次に,水源かん滋機能に対する施発効衆並びに適正林塾の検討を行うため萎こ,樹冠モデルを組み込んだ無間伐林分の生長システムを作製した.本生長システム払樹高生長を基礎とするもので従来から予測に使用されている麗径や断面痍生長だけでなく,樹冠モデルを使用した自然枯死による本数減少や落索落妓供給等の林分要因以外の因子をも,その中に含んだものである.自然枯死による本数減少については,林分嚢畿一定の仮定を用いてその推定方法を誘導した.本システムで推蒐される要因は以下のとおりである.林分要因としては,麗径・樹嵩とそれらの分布,枝下嵩,材童,林地要因としては,林膵相対照度,落泰・落妓供給数及びん層堆緻盈,樹冠要因としてほ,樹冠パラメーター,樹冠体積,樹冠重恩密度等である.現爽資料として熊本地方のスギ林分によりパラメータ云推定を行い,放射した始発,林分・林地園子ともに良好な推定給果を示した.また,施発効果を検討するために,間伐・枝打ちの操作を申に組み込んだ場合も,樹冠モデルの活用により,有効な判定が可能となった.
In this paper, we have studied the relationships of the water and soil conservation to the forest and stand composition. In result, it was observed that the present forest has the strong influence on the forest floor condition, e.g. the condition of the surface soil, the A_0 layer, the undergrowth (factors concerned with the infiltration). And by analyzing the correlation between the forest. floor condition such as the erosion factor and the forest factors, the crown factor was recognized as the factor having the close connection with the forest floor condition. The factor acts as the decreasing factor of the relative light intensity, the litter factor and the interception with the stand factor of the rainfall, and it controls the forest floor condition in connection density factor. In this report, according to taking a photograph of the crown profile and the interpretation of it, we were able to quantify the crown form and the crown volume. Then we organized the stand growth system with the crown model to investigate the optimum forest composition and the effect of the forest treatments for the purpose of the water conservation. This system is based on the height growth and includes not only usual factors such as the diameter and basal area, but also the decreasing of the number of stems by mortality using the crown factor,other factors such as the litter factor besides forest factors. In the case of estimating the decreasing of the number of stems by mortality, we assumed that the stand crown volume is constant. The factors estimated by this system are as follows: Forest factor; diameter, height, distribution of them, crown height, volume Forest floor factor; relative light intensity, litter weight, A_0 layer weight Crown factor; crown parameter, crown volume, crown weight density We obtained the satisfactory result of estimating the parameters and predicting the forest and stand factors using the Sugi data in Kumamotoregion. Also, we were able to have the effective judgement by applying the crown model in case of inserting the forest treatments such as thinning and pruning.
続きを見る
目次 1.緒論 1.1.森林の水土保全機能 1.2.研究の目的 2.水土保全機能に対する林分・林地要因の関係解析 2.1.土壌の働きと林分因子 2.2.土壌要因に対する林分,堆積様式,母材の影響についての解析 2.3.基岩の異なる2流域における解析 2.4.考 察 3.主林木と水土保全機能との関係解析 3.1.主林木と林床状態に関する多変量解析 3.2.下層植生およびA_0層の効果の検討 4.樹冠の相対生長モデル 4.1.はじめに 4.2.樹冠モデルの作成 4.3.樹冠の測定方法 4.4.樹冠パラメータに対する解析 5.樹冠モデルを使った林分・林地要因の予測システム 5.1.予測に用いる林分・林地要因の決定 5.2.予測システムの概要 5.3.樹高生長曲線の作成 5.4.本数変化の推定 5.5.林分葉量の推定 5.6.林床の光状態の予測 5.7.落葉及びA_0層堆積量の予測 5.8.林分構造の推定 5.9.施業要因によるシステムの変化 5.10.予測システムの総括 6. 林分シミュレーションの実行 6.1.調査資料 6.2.スギ樹高生長の決定 6.3.本数変化の推定 6.4.林分葉量推定の実行 6.5.林床相対照度予測の実行 6.6.落葉A_0層堆積量予測の実行 6.7.平均直径の推定 6.8.直径階別本数分布の推定 6.9.他の諸要因の推定 6.10.間伐・枝打ちの実行 6.11.考察 7. 総括 謝辞 参考文献

本文ファイル

p001 pdf 4.22 MB 636  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています