<学術雑誌論文>
マルチコアプロセッサのための電力・性能間トレードオフを考慮したディペンダビリティ選択法

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
関連URI
概要 半導体製造技術における微細化の進展により,ソフトエラーの増加が問題となっている.マルチコアプロセッサを利用しスレッドを冗長実行する方式では,消費電力が大幅に増大してしまう.一方,シングルプロセッサ内で命令を冗長実行する方式では,性能低下が深刻である.本稿では,マルチ・クラスタ型コア・プロセッサ(MCCP: Multiple Clustered Core Processor)と呼ばれるディペンダブル...なマルチコアプロセッサ上での,消費電力と性能とのトレードオフを考察する.高い電力効率と高性能とを両立させるために,スレッド冗長実行と命令冗長実行の組合せを提案する.シミュレーションにより,MCCP 上で提案方式を利用すると,スレッド冗長実行方式と比較して,エネルギー遅延積を13% 改善できることを確認している.
As deep submicron technologies are advanced, we face new challenges, such as power consumption and soft errors. A naive technique, which utilizes emerging multicore processors and relies upon thread-level redundancy to detect soft errors, is power hungry. Another technique, which relies upon instruction-level redundancy, seriously diminishes computing performance. This paper investigates a trade-off between power and performance of a dependable multicore processor, which is named multiple clustered core processor (MCCP). It is proposed to hybrid thread- and instruction-level redundancy in order to achieve both high power efficiency and small performance loss. Detailed simulations show that the MCCP exploiting the hybrid technique improves power efficiency in energy-delay product by 13% when it compares with the one exploiting the naive thread-level technique.
続きを見る

本文情報を非表示

sato08_1 pdf 352 KB 70  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
主題
ISSN
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2020.10.13

この資料を見た人はこんな資料も見ています