<紀要論文>
連声小考

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 連声についての考察といえば、その現われ方に関するものがほとんどで、現象発生の原因なり背景なりについて成されたものを見ない。その結果、はたしてそれが音声学的現象であるのか押韻論的現象であるのかさえ、なお判然としない有り様である。本稿では、一般言語学と日本語方言学との知見を利して同現象の本態を明らかにし、併せて<国語史学>の方法に関し若干の問題提起を行ないたいと思う。

本文情報を非表示

pa001 pdf 302 KB 281  

詳細

PISSN
NCID
レコードID
査読有無
地域
主題
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2021.03.03

この資料を見た人はこんな資料も見ています