<学術雑誌論文>
シラー・クライスト論考(4編)

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 1)『群盗』に於ける自己破壊衝動 (1983) (貴族あるいは執筆家の労働に対するコンプレックスを読み解く) 2)シラーの『たくらみと恋』 (1987)  ー 心身分離の陥穽 ー (西洋的な二極分離思考の弱点を考える) 3)クライストの『壊れ甕』 (1986)   ー 喜劇の技法について ー (喜劇の技法はすべての文脈をずらすことにある) 4)ク...ライストの『アンフィトリオン』 (1985)    ー アルクメーネにAch!と言わせるものについて ー   (精神分析の手法を用いて二重自我の自己愛について論ずる)続きを見る
目次 目次 第1章 『群盗』に於ける自己破壊衝動 (1983) 第2章 シラーの『たくらみと恋』 (1987)    ー 心身分離の陥穽 ー 第3章 クライストの『壊れ甕』 (1986)     ー 喜劇の技法について ー 第4章 クライストの『アンフィトリオン』 (1985)     ー アルクメーネにAch!と言わせるものについて ー あとがき

本文情報を非表示

シラーとクライスト pdf 693 KB 644  

詳細

レコードID
査読有無
地域
主題
注記
タイプ
時代・年代
登録日 2010.08.15
更新日 2018.08.31

この資料を見た人はこんな資料も見ています