<紀要論文>
モーツァルト音楽による快適性の脳波変動への影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本研究では、モーツァルト音楽の音響的要素である長時間周波数スペクトルに注目した音刺激を作成し、それによって引き起こされる脳波変動と快適さとの関連性について検討した。音刺激は、長時間周波数スベクトルを揃えたモーツァルト音楽の原曲,逆再生,音楽ノイズの3種類とし、男子学生5名に対して、気分や音刺激に対する快適さの主観評価と、脳波測定を行った。アルファ波帯域(8.5-12.5Hz)において脳波 を解析...し、安静時と各音刺激呈示時の比較を行った。主観評価では原曲はリラックスでき音楽ノイズはリラックスできないと評価が分かれたが、脳波測定では全ての音刺激において安静時よりもアルファ波の電位は上昇傾向を示してしており、アルファ波の上昇は、快適さのみの情動反応に限局したものではなく、不快も含め、情動反応が惹起されたことを反映していると推測された。また、リラックスした状態を認識するためには、本人が想定した環境に置かれていることが大きく影響しており、モーツァルト音楽は、その音響的特徴よりも、優雅な和声進行のような音楽的特徴が快適性の評価に影響していることが示唆された。
The purpose of this study is to examine relationship between electroencephalographic (EEG) changes and the comfort which are induced by Mozart music. In this study, three sound stimulus that focused on the long time frequency spectrum were made: (1) normal Mozart music, (2) reversed Mozart music and (3) white noise made from the Mozart music. For five college students, EEG changes and the comfort were assessed. The EEG measurement was analyzed in alpha wave band (8.5-12.5Hz). The result of the assessment of the comfort indicated that Mozart music can be relaxed but white noise cannot be relaxed. However, the electric potential of the alpha wave band indicated upward trend by all stimulation. It was supposed that the rise in alpha wave reflected not only the comfort but the total emotion including unpleasantness. And it was thought that putting oneself in the imaginable environment greatly affected relaxing. This study suggests that the obedient harmony progress of the Mozart music was influences one's assessment of the comfort more than acoustic element of it.
続きを見る
目次 I. 問題と目的 Ⅱ. 方法 Ⅲ. 結果 Ⅳ. 考察 Ⅴ. まとめ

本文情報を非表示

pp003 pdf 804 KB 8,432  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2015.07.10
更新日 2015.12.07

この資料を見た人はこんな資料も見ています