<Master Thesis>
水生植物がある閉鎖性2成層水域の吹送流による連行現象

Creator
Language
Academic Year Conferred
Conferring University
Degree
Degree Type
Publication Type
Table of Contents 第1章 序論 1.1 はじめに 1.2 研究背景 1.3 水生植物群落の構造 1.4 水生植物の生活型 1.5 水生植物の生活型による湖沼の分類 1.6 密度流とその安定性 1.7 成層水域に及ぼす風の効果 第2章 密度界面の連行現象に関する実験 2.1 浮葉性植物に関する実験装置 2.2 沈水性植物に関する実験装置 2.3 塩分濃度と電圧の関係 2.4 塩水の密度の決定方法 2.5 空気の密度の決定方法 2.6 密度界面の決定方法 2.7 代表風速と空気の摩擦速度 2.8 連行係数とリチャードソン数 第3章 密度界面の連行現象に関する実験結果および考察 3.1 浮葉性植物に関する連行現象の実験結果 3.2 沈水性植物に関する連行現象の実験結果 第4章 密度2成層場の乱流構造に関する実験 4.1 実験目的 4.2 浮葉性植物に関する乱流構造の実験装置 4.3 沈水性植物に関する乱流構造の実験装置 4.4 乱流構造に関する実験方法 第5章 密度2成層場の乱流構造に関する実験結果および考察 5.1 浮葉性植物に関する乱流構造の実験結果 5.2 沈水性植物に関する乱流構造の実験結果 第6章 乱流構造に関する実験に基づく連行現象規模の評価 6.1 浮葉性植物の乱流構造と連行現象の関係 6.2 沈水性植物の乱流構造と連行現象の関係 第7章 結論 謝辞 参考文献

Hide fulltext details.

37527 pdf 0.99 MB 78  

Details

Record ID
PeerReviewed
Keywords
Created Date 2015.04.02
Modified Date 2015.04.08

People who viewed this item also viewed