<Master Thesis>
人工魚巣の水理特性

Creator
Language
Academic Year Conferred
Conferring University
Degree
Degree Type
Publication Type
Table of Contents 第1章 序論 1.1 はじめに 1.2 人工魚巣について 1.2.1 人工魚巣の形状 1.2.2 人工魚巣施工の現状 1.2.3 人工魚巣の有すべき機能 第2章 既往の研究と本研究の位置づけ 2.1 数値実験の位置づけ 2.2 人工魚巣の水理学特性に関する既往の研究 第3章 基礎方程式と解析方法 3.1 基礎方程式 3.2 基礎方程式の離散化 3.3 計算条件 3.3.1 初期条件 3.3.2 境界条件 3.3.3 パラメータ値の設定 第4章 数値モデルの妥当性 4.1 流速u の主流横断方向時間平均流速分布による検証 4.2 主流方向の流速変動による検証 4.3 開口部上流端における主流横断方向の流速u, vの乱れ強度による検証 第5章 主流部および人工魚巣の水理特性 5.1 流速ベクトルと水深分布の時間変化 5.2 水面振動特性 5.2.1 水面振動 5.2.2 水面振動と流体交換速度 5.3 流速変動特性 5.3.1 流速変動 5.3.2 流速変動の乱れ強度と流体交換速度 第6章 結論 謝辞 参考文献 APPENDIX

Hide fulltext details.

37511 pdf 4.49 MB 95  

Details

Record ID
PeerReviewed
Keywords
Created Date 2015.04.02
Modified Date 2015.04.08