<Bachelor Thesis>
密度2成層流における円柱後流域の混合特性

Creator
Language
Academic Year Conferred
Conferring University
Degree
Degree Type
Publication Type
Access Rights
Table of Contents 第1章 序論 第2章 円柱後流の流動特性 2.1 はじめに 2.2 二次元円柱の後流 2.3 三次元円柱の後流 2.4 有限円柱の後流 第3章 密度2成層流における円柱後流域の流れパターンに関する実験 3.1 実験目的 3.2 実験装置 3.3 座標系 3.4 実験方法 3.5 実験結果と考察 3.5.1 1本円柱の後流について 3.5.2 2本円柱の後流について 3.5.3 3本円柱の後流について 3.5.4 5本円柱の後流について 3.6 まとめ 第4章 密度2成層流における円柱後流域の乱れに関する実験 4.1 実験目的 4.2 実験方法 4.3 実験結果と考察 4.3.1 同一水深の平面上における乱れ強度分布に関する 結果及び考察 4.3.2 流下方向における密度と乱れ強度の鉛直プロファイルによる考察 4.3.3 円柱本数と密度の最大乱れ強度との関係についての考察 第5章 結論 謝辞 参考文献

Hide fulltext details.

37499 pdf 3.98 MB 104  

Details

Record ID
PeerReviewed
Keywords
Created Date 2015.04.02
Modified Date 2018.01.17

People who viewed this item also viewed