<departmental bulletin paper>
Access Log Analysis for Institutional Repository

Creator
Language
Publisher
Date
Journal Title
Vol
First Page
Last Page
Publication Type
Access Rights
Abstract 機関リポジトリは,セルフアーカイビングによる研究成果へのオープンアクセス実現のひとつの手段である. しかし,多くの機関リポジトリにおいて,登録されている文献の数は,その機関の研究成果の数に比べて非常に 少ない.登録文献数が少ない理由のひとつは,ほとんどの研究者にとって研究成果を登録する動機がない,つま り,機関リポジトリの効果が明らかでないことだと考えられる.本稿の著者らは,機関リポジトリに研究成果を 登録した研究者へのフィードバックシステムを開発している.本稿では,機関リポジトリのアクセスログからの 知識発見を試みている.「誰が,いつ,どんな文献を利用したか」という情報は,機関リポジトリの利用者への文 献の推薦に利用できる.本稿は,より高度な解析へ向けての準備として,九州大学の機関リポジトリのアクセス ログについて単純な共起解析を行った結果を示している.

Hide fulltext details.

p005 pdf 880 KB 343  

Details

Record ID
selfDOI
PeerReviewed
Spatial
Subject Terms
ISSN
NCID
Type
Temporal
Created Date 2011.10.19
Modified Date 2015.12.07