<journal article>
A Consideration on the Factors baseed on the Relevancy of Moral Education and Integrated Study

Creator
Language
Publisher
Date
Journal Title
Vol
Issue
First Page
Access Rights
Table of Contents 昨今、少年犯罪の増加及び学校での問題行動を背景に、世論や教育現場では、「生命の尊さ」を教える教育の必要性の認識が高まっている。こうした状況の認識下において、カリキュラムマネジメントの理論枠組みを援用して、道徳教育と宗教教育との連関性(畏敬の念)を明らかにし、さらに、道徳教育と総合的な学習との間に単元「生命」を位置付け(関連づけ)て、その理論的枠組みを事例分析を通して検証した。そしてその検証結果に基づいて、新たに勤務校の「生命」の単元を試みた。この研究を通して道徳教育と総合的な学習との連関性を規定する要因を解明した。

Hide fulltext details.

Soga_1-2 2014 pdf 553 KB 1  

Details

EISSN
Record ID
Rights
Subject Terms
Notes
Created Date 2018.05.15
Modified Date 2018.05.15

People who viewed this item also viewed