<research report>
A^(1)_1 型クラスター代数の変異と離散戸田格子

Creator
Language
Publisher
Date
Journal Title
Vol
Issue
First Page
Last Page
Publication Type
Access Rights
Abstract QRT写像とよばれる楕円曲線の加法構造を用いて, A^(1)_1型クラスター代数の変異と A^(1)_1型離散戸田格子の時間発展との直接的対応関係を明らかにする.また,この対応関係を通して,A^(1)_1型クラスター代数の変異の幾何学的解釈を与える.

Hide fulltext details.

Article_05 pdf 247 KB 3  

Details

Record ID
PeerReviewed
Notes
Created Date 2017.09.12
Modified Date 2017.09.12