<紀要論文>
0.1 mol L^-1塩酸中での土壌鉱物溶解に及ぼす土壌鉱物組成の影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 土壌の酸性化は, 可吸態重金属の分析, 重金属汚染土壌の浄化技術である洗浄法や動電学的手法に利用されるが, このとき, 酸により土壌から溶出する Al イオンが, 重金属の溶出に関係する. 本研究では, 4 種類の土壌を用いて, 固液比 1 :1000の塩酸溶液中での Fe, Al および Si の溶出量を測定し, 土壌の主要な理化学性の間の関係や主要粘土鉱物組成と溶解速度との関係を考察した. ...0.1 mol L - 1 の塩酸中での土壌から溶出する Al は, 酸性シュウ酸塩溶液に可溶な Al, すなわち, 非晶質のアルミノケイ酸塩鉱物のほぼ全量と, 層状ケイ酸塩鉱物の一部によると考えられた. 48時間反応の間, 溶出する Si/Al 比は増加傾向にあり, 非晶質鉱物の溶解から, 層状ケイ酸塩鉱物への溶解へと, 溶解する鉱物の内訳が変化していることを示唆していると考えた. 酸溶液中での土壌からの鉱物溶出は, 様々な鉱物の溶出が同時に起こっているため複雑であるが, 反応開始後短時間に限れば, 酸性シュウ酸塩処理可溶性含量から酸溶液中の Al 溶出量を与える経験式が求まる可能性がある.
Four soil samples were used to determine the effect of soil mineralogical composition on soil mineral dissolution. Soil samples were treated with 0.1 mol L - 1 hydrochloric acid for certain periods of time to measure the amount of Al, Si and Fe in reference to the temporal variation. The result showed that the amorphous aluminosilicate minerals were mostly while the layer silicate minerals were partly dissolved after 48-hour reaction. The increase of Si/Al ratio with time suggested that after dissolution of amorphous aluminosilicate minerals, layer silicate minerals in their turn were dissolved. The amount of Al dissolved from the soil under highly acidic condition would be affected by the amount of amorphous aluminosilicate minerals (oxalate-extractable Al), soil mineralogical composition and clay content. In case of less than 1-hour reaction, the dissolved Al would be estimated only with oxalate-extractable Al.
続きを見る

本文情報を非表示

p71-77 pdf 507 KB 202  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.09.07