<紀要論文>
水田地域における生態系保全水路の実用可能性の検討

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 コンクリート製の U 型水路は, カエル類の産卵と成長のために不可欠な樹林-水田間のエコロジカルコリドーを分断し, 再生産に影響を与えている.  本研究では, 新規に開発した生態系保全水路について, 水田や樹林地の主な生息環境とするカエル類を用いて実用可能性を検討した.  生態系保全水路は, トノサマガエルやイモリの定位や登攀が容易であることが確認された. しかしながら, 従来の U 型水路では定...位・登攀ともに困難であった.  これらのことから, 生態系保全水路は, カエルやイモリなどのエコロジカルコリドーの保全に有効であることが判った.
The objective of this study is to investigate the utility of the irrigation canal for the ecosystem preservation, especially the wild flogs, in the paddy field area. Two types of the observational irrigation canal, which are sloped type and flume type canal, are used for the investigation to observe the target flogs migration. In this study, Rana nigromaculata, Rana limnocharis, Hyla japonica and Cynops pyrrhogaster are used for the investigation. The results of the investigation indicated that the frogs can position and ascent at the sloped type canal wall. In flume type canal, it is difficult for the frogs to position and ascent. The sloped type canal is effective for preservation and restoration of the ecological corridor and ecosystem.
続きを見る

本文情報を非表示

p65-69 pdf 444 KB 187  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.09.07