<紀要論文>
粉砕脱水法による魚肉からのCO-PCBsの除去

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 スズキの落とし身 (筋肉) から従来法で脱水肉 (通常のすり身) を, さらに微細化・連続遠心分離 (粉砕脱水法) により粉砕脱水肉 (脂肪含量の低いすり身) を製造し, そのコプラナー PCBs (Co-PCBs) 濃度を測定した. その結果, 粉砕脱水肉の Co-PCBs 濃度は落とし身の約1/20-1/10に減少した. しかし, 脱水肉の Co-PCBs 濃度は落とし身と比較して約1/2であ...った. よって, 粉砕脱水法により魚肉の脂質を効率的に除去することによって Co-PCBs 含量の低い食品加工素材を製造できることが明らかになった.
Low lipid ground fish meats (LFM) were prepared from seabass under water pulverization and centrifugation (UWPC). The concentration of coplanar PCBs (Co-PCBs) in the LFM decreased to 1/20-1/10 of those in the normal fish miced meats, while only 1/2 of Co-PCBs were reduced in the normal minced meats. The decrease of Co-PCBs from fish meats was due to the reduction of lipid from original meat. These results suggest that the application of the UWPC in seafood would contribute to reduction of Co-PCBs.
続きを見る

本文情報を非表示

p41-45 pdf 442 KB 162  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.09.07