<紀要論文>
討議集団の発達過程の実証的研究(III) : PM評定尺度の検討

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本研究の目的は討議集団とくにPMTにおけるPM評定尺度の因子的妥当性を検討することであった。被験者はPMTの参加者112名である。主な結果は下記のとおりである。1.P機能に1因子,M機能に3因子が見い出された。2.各因子間の相関がかなり高いことから,討議集団においては,課題解決への働きかけと集団維持の働きかけが同時的に行なわれることが示唆された。

本文情報を非表示

KJ00000075312-00001 pdf 453 KB 107  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2010.06.24
更新日 2016.07.12