<テクニカルレポート>
信頼性と性能のトレードオフ評価指標の提案とそのマルチコアプロセッサへの適用

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 近年,性能と消費電力だけでなく信頼性もプロセッサに要求されている.これらはお互いにトレードオフの関係にあるので,プロセッサの評価のために新たな指標が必要である.その最初の段階として,本稿では性能と信頼性のトレードオフ指標を提案する.この指標を我々が現在検討中のマルチ・クラスタ型コア・プロセッサ(MCCP:Multiple Clustered Core Processsor) に適用する.MCCP ...は性能・消費電力・信頼性のトレードオフを考慮してその構成を変更し,冗長実行モードを選択する.したがって,各実行モードの性能・電力・信頼性の評価指標が必要となる.提案指標を用いることで,命令冗長実行では性能低下に見合った信頼性が確保できないことが判明した.
Modern microprocessors require dependability as well as high-performance and powerefficiency. Since there are trade-offs between them, a new metric considering the trade-offs to evaluate microprocessors. This paper proposes a metric for the dependability-performance trade-off as a first step toward considering the 3-dimensional (3D) trade-off. Using the metric, this paper evaluates Multiple Clustered Core Processor (MCCP) that is under investigation. We consider the 3D trade-off on the MCCP by selecting an appropriate processor configuration and a redundancy mode. We find that the MCCP diminishes both performance and dependability in the instruction-level redundancy mode.
続きを見る

本文情報を非表示

funaki07_3 pdf 179 KB 80  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.09.05