<紀要論文>
移民背景を持つ子どもたちのためのドイツ語教育 : その理念と実践

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 ドイツは、「奇跡的」と形容される戦後の経済復興を支えるため、1960年前後から外国人労働者を積極的に受け入れてきた。その後、家族の呼び寄せなどにより定住化が進み、現在は2世、3世としてドイツに生活する外国人児童生徒のドイツ語能力や、ドイツ人児童生徒との共生が学校教育の重大なテーマとなっている。移民背景を持つ子どもたちにとって、健全な市民としてドイツ社会で生活するためには、能力に応じた学校教育が必要...であり、そのためには家庭言語(母語)に次ぐ第2言語であり、学校言語でもあるドイツ語の一定能力が不可欠である。このため、ドイツでは、子どもたちのドイツ語能力を、すでに就学以前、幼稚園の時期から観察・記録し、着実に育成するための理念・方針が定められ、さまざまな施策が各州単位でもまた連邦レベルでも議論され、実践されている。 本講座では、ドイツでのこのような状況や施策を紹介したい。それは、結局、現在の日本の状況を考えることにもなる。なぜなら、人口減少を背景に今後ますます外来労働力に頼らざるを得ない日本が、数十年遅れてドイツと同じ道を歩んでおり、外国籍児童に就学義務がないこととも相まって、彼らの日本語能力や母語能力養成の問題が顕在化しつつあるからである。続きを見る

本文情報を非表示

10恒川 pdf 775 KB 947  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2020.10.09